ボイストレーニング

高音を出やすくするためのボイストレーニング方法なら

上手に歌を歌いたいと思うと、綺麗な高音が出せたらいいのにと思う人は多いのではないかと思います。人の声の高さにはある程度生まれ持ったものも影響しますが、高音が出ないという人は多くの場合、トレーニングをすることで本当は高音が出せるにも関わらず発声方法を知らない、もしくは高音を発声することに慣れていないために高音が綺麗に出せないという人なのです。

高音を出すためのボイストレーニングをして、高音の発声に慣れることで綺麗な高音は出せるようになります。では、高音を出すためのボイストレーニングとはどのようなものでしょうか。ここでは、教室などに通わなくても自分で簡単にできる高音のトレーニング方法をご紹介します。

自分で簡単にできる高音のトレーング方法は、ハミングで歌を歌うことです。誰でも一度くらいは鼻歌を歌ったことがあると思うのですが、何気なく鼻歌を歌っている状態の歌い方がハミングです。口を上げずに音を鼻から抜くようにして歌う歌唱法です。

ハミングで歌を歌っていると、普段よりも高音が出やすいように感じることはないでしょうか?実は鼻からを音を抜くようにして発生をする発声の方法が高音を発声する上で大切な発声方法となっています。高音を出そうと思う時に、喉を絞めて無理やりに高音を搾り出すような発声をしてしまう人が多いのですが、実はそれでは綺麗な高音を出すことはできません。綺麗な高音とは喉を開いた状態で、楽に抜けるように発声をすることが必要なのですが、それをマスターするための基礎的な要素がハミングには含まれているのです。

また、ハミングは音を発声する時に、内耳共鳴という体の内側から響く音を一番感じ取りやすい方法です。発声をした音を自分でダイレクトに感じることで、音をコントロールするという感覚が身につきやすく、自分が狙った音の的にすっと声が収まるような感覚を身につけることができます。これは、高音を発声する際にも、ここまで音を出したいと思ったときにどのような発声をすればそこへ音が届くのかということをコントロールできる能力を身に着けることにもなります。

ハミングは、ドレミファソラシドのように音階をハミングしてもかまいませんし、好きな歌をハミングしてもいいでしょう。色々な音階でハミングし、少しずつ音を高めにとってハミングするように挑戦していけば、高音の発声はだんだんと上達していくはずです。

このハミングのトレーニングを続ければ、喉に頼るのではなく、呼吸の流れで正しく発声し高音を歌うことができるようになります。またハミングによって体に共鳴する音を聞くことに慣れてくるため、音感も鍛えられてクリアに音を捉えることができるようになる効果も期待できるのです。

大きな声で歌わなくても効果はありますので、家事の合間やお風呂でなど、気がついた時に気持ちよくハミングして高音に磨きをかけましょう。


このページの先頭へ