ボイストレーニング

ボイストレーニングでカラオケの苦痛とお別れ!!

カラオケといえば多くの人のとっては楽しいものですが、歌に自信がない人にとっては、カラオケは楽しくないどころか、非常に苦痛であるということを耳にすることがあります。

カラオケが嫌いならば行かなければいいと言う人もいますが、現代ではカラオケは人付き合いの中で欠かせないものでもあります。友人との付き合いや会社の接待など、どうしてもカラオケに行かなくてはならないという場面もあるのです。それならば、カラオケには行っても歌わなければいいと思うかもしれません。しかし、行ったら行ったで一曲くらいは歌えと言われるのが常ですし、それを強引に断れば場の空気を悪くしてしまったり、歌が苦手でカラオケが嫌いだという人にとっては、カラオケにいる時間というのは本当に苦痛以外の何ものでもないのでしょう。

仕事の上や、人間関係の上で必要になってくるカラオケを、歌が苦手な人でも楽しむ方法はないものでしょうか。それならばおすすめしたいおがボイストレーニングです。何も歌手のように上手に歌う必要はありませんので、苦手意識を克服し、歌える曲を何曲かもっておくだけで、カラオケへの意識は大きくかわります。

カラオケが苦手な人が、人前で歌を歌うボイスレッスンに通うなんてことは考えられないかもしれませんが、ものは考えようです。事前に準備をしておくことで、いざという時に失敗をせずにすみますし、ことによってはそれをきっかけにカラオケを好きになることだったあるかもしれないのです。

ボイストレーニングは、何もプロを目指すような人ばかりが通っているわけではなく、歌が苦手な人が苦手を克服するために通っているケースもたくさんあります。

また、歌が苦手な人というのは、歌の難易度というのを正しく判定できていないことがあります。そのため、歌が苦手であるにもかかわらず、一曲だけでも歌えとせがまれたような場面で難曲を選択してしまい、結果として全く歌うことができないというようなことが多々起こっています。ボイストレーニングに通うメリットとしては、自分のレベルにあった選曲をしてもらい、自分の歌唱力でも歌える曲を知ることができるというところにもあります。レベルに合わせた歌であれば、自分が思っていた以上に歌えたという体験をする人も珍しくはありません。

こうして、この曲ならば歌えるという曲をレッスンを通して数曲もっていれば、急なカラオケに誘われたとしても、急な接待で歌を歌わなくてはならなくなったとしても、とりあえずは安心です。

歌が苦手でカラオケが苦痛だという人は、そんな人こそボイストレーニングに通ってみてはいかがでしょうか?


このページの先頭へ