ボイストレーニング

ボイストレーニングソフトで歌のトレーニングをする

自宅で歌のトレーニングをするためのボイストレーニングソフトというのがあるのをご存知でしょうか。ボイストレーニングに通うだけの費用や時間はないけれども、本で独学で勉強するのでは心もとないという人は、両方の利点をいかしたボイストレーニングソフトでのトレーニングを試してみてはいかがでしょうか。

ボイストレーニングは、レッスンに通ってプロの指導を受けられれば一番いいでしょうが、費用や時間的に難しいという人もいます。しかし、テキストなどを使って自分でトレーニングをしようと思っても、自分が行っているトレーニングの成果を判定してくれる人がいなければ、トレーニングの成果がなかなか上がりづらいのも事実です。

そんな悩みを解決するのがボイストレーニングソフトなのです。ボイストレーニングソフトには色々な種類があり、ソフトによって仕様は異なりますが、テキストと違って実際に音を出して見本を示してくれますので、テキストだけを使ったトレーニングよりもボイストレーニング教室でもレッスン近いトレーニングができます。実際の音を出してくれるというならば、CDやDVDでもいいのではないかと思うかもしれませんが、ボイストレーニングソフトの優れている点は、一方的に見本を示すだけではなく、マイクで拾った音からレッスンの成果を判定してくれる機能がついているものが多いところです。

例えば、カラオケの採点システムのように、見本が示したとおりにトレーニングできたかをソフトが判定して結果を出してくれるというものがあります。もちろん機械が判定するものですので、表現や発声などの判定には限界もありますが、本だけの平面的なトレーニングをするよりは、より実践的に歌を歌うトレーニングができるためおすすめです。

特別な設備が必要なわけではなく、パソコンとソフトと、パソコン用のマイクさえあればすぐに始められる手軽さもおすすめです。パソコン用のマイクは、パソコンに内臓されてる場合もありますし、内臓されていない場合でもチャット用のマイクなど安いものを購入するだけで簡単に使えます。

ゲーム感覚で遊んでトレーニングができたりというエンターテイメント性が強いものもありますし、楽しく続けられることもメリットでしょう。

ダウンロードして使えるタイプもありますし、大手家電量販店のソフトコーナーなどでも販売されているものがありますので、興味のある人はぜひチェックしてみてください。

ボイストレーニングのレッスンにはどれくらいの期間通ったらいいか?

ボイストレーニングには、数回で完結するものや場合によっては1回のみというレッスンもありますし、専門学校のように年単位でトレーニングをする場合もあります。ボイストレーニングをしてみたいと思った時に、歌が十分に上達したと感じられるところにまでたどり着くには、どれくらいの期間レッスンに通うのがいいのでしょうか。

これは、ボイストレーニングをはじめる時に悩む人も多いと思うのですが、個人のレベルや目指すレベルによってもちろん必要なレッスン期間は変わってきます。

まず、単発や短期間でレッスンが修了するタイプのボイストレーニングです。これは、二つのパターンが考えられます。一つは全くの初心者向けの体験クラスとしても位置づけです。単発や短期で、まずはボイストレーニングの何たるかを体験するためのものとして単発や短期でのレッスンが設けられているスクールというのは少なくありません。また、もう一つのパターンとしては、すでにボイストレーニングをある程度経験している人向けに、テーマを絞ったり、または著名な先生がレッスンを開いたりという形で単発や短期のレッスンが行われるケースです。どちらの場合でも単発や短期でもレッスンによって得られるものは大きいと思うのですが、単発や短期のレッスンは基本的にはこのように、何か目的があって短い期間で行われるものですので、短い期間だけで成果を出そうというものではありません。

ボイストレーニングである程度の成果をだそうと思えば、レッスン期間はある程度長期的に時間をかけて行うのが理想的です。よく言われているのが、最低でも半年から1年程度の期間はレッスンを続けるということです。もともとのレベルや、プロとしてやっていきたいのか、趣味のレベルなのかによっても違いますが、上達するまでにはある程度の期間が必要だというところは共通です。歌というのは歌い方のコツを教わったらすぐにできるというものではなありません。例えば、スポーツ選手があるスポーツでパフォーマンスを発揮しようと思ったら、そのスポーツを行う技術を習得するとともに体を鍛えなくてはならないのと同じように、歌を歌う場合にも歌を歌うための身体的な能力を鍛えるということは必要です。ボイストレーニングはその役割も担っているのですが、それはやはり単発や短期のレッスンで効果を発揮できるものではなく、ある程度時間をかけて行う必要があるものなのです。

ボイスレッスンにどれくらい通ったらいいかを一概に申し上げることはできませんが、まずは最低でも半年は通ってみるつもりでレッスンをはじめるといいでしょう。レッスンの成果が見えてくるまでにはそれくらいの時間がかかるものと思って、長い目でレッスンを続けてください。

ボイストレーニングでカラオケの苦痛とお別れ!!

カラオケといえば多くの人のとっては楽しいものですが、歌に自信がない人にとっては、カラオケは楽しくないどころか、非常に苦痛であるということを耳にすることがあります。

カラオケが嫌いならば行かなければいいと言う人もいますが、現代ではカラオケは人付き合いの中で欠かせないものでもあります。友人との付き合いや会社の接待など、どうしてもカラオケに行かなくてはならないという場面もあるのです。それならば、カラオケには行っても歌わなければいいと思うかもしれません。しかし、行ったら行ったで一曲くらいは歌えと言われるのが常ですし、それを強引に断れば場の空気を悪くしてしまったり、歌が苦手でカラオケが嫌いだという人にとっては、カラオケにいる時間というのは本当に苦痛以外の何ものでもないのでしょう。

仕事の上や、人間関係の上で必要になってくるカラオケを、歌が苦手な人でも楽しむ方法はないものでしょうか。それならばおすすめしたいおがボイストレーニングです。何も歌手のように上手に歌う必要はありませんので、苦手意識を克服し、歌える曲を何曲かもっておくだけで、カラオケへの意識は大きくかわります。

カラオケが苦手な人が、人前で歌を歌うボイスレッスンに通うなんてことは考えられないかもしれませんが、ものは考えようです。事前に準備をしておくことで、いざという時に失敗をせずにすみますし、ことによってはそれをきっかけにカラオケを好きになることだったあるかもしれないのです。

ボイストレーニングは、何もプロを目指すような人ばかりが通っているわけではなく、歌が苦手な人が苦手を克服するために通っているケースもたくさんあります。

また、歌が苦手な人というのは、歌の難易度というのを正しく判定できていないことがあります。そのため、歌が苦手であるにもかかわらず、一曲だけでも歌えとせがまれたような場面で難曲を選択してしまい、結果として全く歌うことができないというようなことが多々起こっています。ボイストレーニングに通うメリットとしては、自分のレベルにあった選曲をしてもらい、自分の歌唱力でも歌える曲を知ることができるというところにもあります。レベルに合わせた歌であれば、自分が思っていた以上に歌えたという体験をする人も珍しくはありません。

こうして、この曲ならば歌えるという曲をレッスンを通して数曲もっていれば、急なカラオケに誘われたとしても、急な接待で歌を歌わなくてはならなくなったとしても、とりあえずは安心です。

歌が苦手でカラオケが苦痛だという人は、そんな人こそボイストレーニングに通ってみてはいかがでしょうか?

本だけを使って独学でボイストレーニングをすることはできる?

ボイストレーニングの本というのは、色々なものが発売されていますので、書店などで目にしたことがあるという方もいることと思います。しかし、ボイストレーニングを行うのに、本を読んだだけで自分でできるのかということを疑問に思う人は多いのではないでしょうか。

本だけを見て独学でボイストレーニングができるのか?この疑問への答えは、ある面ではYESであり、ある面ではNOだと考えます。本を使ってボイストレーニングを独学で行うことにはメリットもデメリットもありますので、ご紹介していきていと思います。

まずはメリットについてです。本を使ってトレーニングをするメリットは、なんといってもレッスン料などがかからずリーズナブルであることです。手軽にはじめられることもメリットで、書店で本さえかってくればその日からボイストレーニングをはじめることができます。本だけでトレーニングできるのかという問題については、初心者や音楽を本格的に勉強したことがない人にもわかりやすいように構成されている本が多いかと思いますので、内容を見極めてわかりやすいものを購入すれば、独学用に役立てることはできると思うのです。

しかし、やはり本だけで独学で勉強をするには限界もあります。本だけを見てトレーニングを独学で行う場合、その方法でトレーニング方法があっているのかを判定してくれる人がいません。また、トレーニングの成果を客観的に見てくれる人もいませんので、それは本でボイストレーニングをするデメリットといっていいでしょう。

また、表現方法や発声の方法などは実際に見本を示してくれる人がいれば一目瞭然なところを、本で読む場合には表現が抽象的になったり感覚的でよく理解することが難しいようなケースも多々あります。そして、本でトレーニングをする最大のデメリットは、個別のケースへの対応というのを本から学ぶことができないということです。この曲のこの部分を、というような細かい指導を受けたいのならば、やはり本を使ってトレーニングをするよりもボイストレーニング教室などでレッスンを受ける方が確実です。

教室に通うほどではないけれども、発声の基礎や、上達のコツを知りたいという人であれは本を使ったトレーニングでも十分に成果が得られるかもしれませんが、これまで独学で歌ってきて上達に行き詰っているような人や、もっと本格的に歌が歌いたいという人ならば、やはり個別のケースで指導をしてもらえるボイストレーニング教室に通うことをおすすめします。

ボイストレーニングに興味があるならまずは体験レッスンから

他の楽器の演奏と違って、歌は習ってもうまくはならない、歌の上手い下手はある程度生まれ持ったものだと思っている人はいないでしょうか。これは多くの人が持っている誤解です。楽器の演奏ならば、習って練習することで上達しても、歌は習っても上達しないというのは大きな間違いなのです。

歌は、喉という楽器を使って演奏しているのと同じことですから、他の楽器を習うのと同じように正しい演奏方法を習ってトレーニングをすることで上達します。もちろん、声の高さやビブラードなど、生まれ持った体質に影響を受ける部分はありますが、生まれ持った素質を十分に使ってどのように表現をするのかというところも含めて、ボイストレーニングで歌のトレーニングをすることで歌は上達します。

トレーニングは一度受けただけで劇的に上達するというものではなく、基本的にはある程度の期間をかけてレッスンをしていくことになりますが、ボイストレーニングに興味があるという人は、まずは体験レッスンだけでも受けてみると、どんなトレーニングが行われているのかのイメージがつかめて参考になるでしょう。

ボイストレーニングは教室や、教えている先生の手法によっても色々なパターンがありますので、いくつかのボイストレーニング教室で体験レッスンをしてみるといいでしょう。先生やレッスンの方法に合う、合わないということもあると思いますので、そのあたりを見極めながら自分にあった教室を探すという意味でも体験レッスンは大切です。

中には体験レッスンを一度受けただけでもこれまでの発声や歌唱法との違いに気がつけるという人もいます。それまで独学でやってきた人にとっては、これまでの発声や歌い方をレッスンで直されるとうことがなかなか受け入れられない人もいるようですが、正しい発声で歌を歌うことは、喉をいためずに長く歌を歌うためにも大切ですし、また正しい発声を習得することで声量が増したり、声に厚みがでたりということもあります。

いずれにしても、自分の歌をプロに見てもらって指導してもらえるボイストレーニングというのは、プロを目指して本格的に歌を歌っているという人にとっても、趣味で歌を歌っているという人にとっても上達の機会になりますので、ボイストレーニングに興味のある人はまずは体験レッスンからボイストレーニングを体験して、歌を上達させるきっかにしていただきたいと思います。

ボイストレーニングはビジネスチャンスを広げる可能性も持っている

ボイストレーニングとビジネスといわれても、歌手を仕事にしているのでもなければ直接は関係がないと感じる人は多いかもしれません。しかし、ボイストレーニングには、ビジネスチャンスを広げる可能性があり、実際に企業の研修などにも取り入れられているケースがあるのです。

人がはじめて会う人も印象を決める要素として、声というのは非常に大きな役割を持っています。特に営業マンや、大勢の前でプレェンテーションをするような機会の多い人ならば、声の持つパワーについてよくよく知っておくべきです。

まず、声というのは相手に伝えるべき内容を的確に伝えられるものでなくてはなりません。せっかくの営業も、内容のすばらしいプレゼンテーションも、声の印象一つで相手には届かなくなってしまうということもあるのです。まず、一番いけないのが内容が聞き取りづらい声です。これは聞いている方としては聞くことがストレスになり、必然的に内容が相手に届きづらくなります。また、声自体の印象が暗かったり、こもったような発声の声も、やはり相手にいい印象を与えなかったりとマイナスの影響を与えてします。

こうした声の問題は、声を発している本人は気づきづらいという特徴もあり、また指摘されることも少ないことから、声のために損をしていることを本人が自覚していない場合もあります。

こうした声の問題をボイストレーニングは解消することが可能です。まずは、正しい発声によって声を出す基礎を学び、また声の専門家の視点から、声についての問題点を指摘してもらって改善することができます。声は普段は意識をせずに発しているものですが、正しい発声を学んで意識して話をするようにすることで印象がぐっと変わります。

声の印象が変わるということは、その人への印象が変わるということですので、営業マンなどの場合にはそれが直接業績につながることも珍しくはありません。また、声が変わったことによって内容が相手に伝わりやすくなりますので、仕事がスムーズに進むようになったり、大きなプレゼンテーションなどでも成果を挙げられるようになるのです。

ビジネスをする上でも、ボイストレーニングというのは大きな意味があるということがお分かりいただけたでしょうか。会社単位で研修としてボイストレーニングを取り入れているところもありますが、それはまだまだごく一部のことですので、個人的にボイストレーニングのレッスンに通っているという人もいます。

営業の成果がなかなか上がらない、仕事がうまくいかない、プレゼンテーションで内容をうまく相手に伝えられないなどの悩みがある人は、ボイストレーニングで声の印象を改善することで問題が改善する可能性もあります。ビジネスチャンスを広げる意味でも、ぜひボイストレーニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

声優を目指すならばボイストレーニングは必須のトレーニング

将来なりたい職業についてアンケートを取ってみると、小学生や中学生を中心に「声優」というものをあげる人は多いように思います。声を仕事にする職業というのはたくさんありますが、中でもアニメの声を担当したり、ナレーションを担当したりという声優は、声を使う職業の中でも人気の職業です。

しかし、将来声優になりたいと思っていても声優ってどうやったらなれるのだろうと思っている人は多いのではないでしょうか?

声優になるための方法として一般的なのは、高校を卒業した後で養成所に所属をして、トレーニングをしながらオーディションなどに挑戦し、チャンスをつかむ方法です。また劇団などに所属をして活動しながら、やはりーディションなどに挑戦をする人もいます。芸能事務所などに所属をして、そこから声優への道を歩むという人もいますが、多くの場合は養成所や劇団などで下積みをしながらオーディションに挑戦していくということになるでしょう。

しかし、この養成所や劇団、芸能事務所というのは、誰でも所属できるというものではない場合もあります。もちろん、入学したから勉強をすることを前提に誰でも入学できる養成所などもありますが、知名度の高い養成所や劇団であれば、養成所や劇団に入る時点でテストがあり、テストに合格しなければ養成所や劇団に所属することもできないという場合もあります。

では、こうした養成所や劇団に所属することに挑戦する前に、自分でやっておけることというのは、何かないのでしょうか?子供のうちから、また中学や高校に在学中にでも、将来声優になりたいと思っているのならばやっておくといいのがボイストレーニングです。ボイストレーニングは声を使う基礎である発声を学ぶトレーニングで、声優ならば誰でも経験しているものです。

養成所や劇団に所属をしてからのトレーニングでも、もちろんボイストレーニングは行われますが、声優になりたいという夢がはやい段階から固まっているのであれば、ボイストレーニングのレッスンんを受けておくことは将来への準備として非常に有効なものになるでしょう。

また、セリフを言ったり原稿を読んだりというだけではなく、最近では声優は歌を歌うことを求められたりと活躍の場が広がっていますので、ボイストレーニングを受けてそうしたチャンスを広げておくことは将来色々なチャンスの挑戦する際の助けとなるでしょう。

声優は志望している人は多くても、実際に声優として活躍できる人の数は決して多くありません。そうした狭き門を勝ち抜いていくためにも、準備ははやくからしておくにこしたことはありません。声優になりたい、その夢が決まったら、ぜひともボイストレーニングに挑戦しておきましょう。

ミュージックスクールのヴォーカル科で本格ボイストレーニング

趣味や習い事の一つとしてボイストレーニングを受けたいという人もいれば、本気でプロを目指してボイストレーニングを受けたいと思っている人など、ボイストレーニングを受けている人の目的は様々です。趣味や習い事としてボイストレーニングをしている人ならば週に一回、月に一回などのレッスンでトレーニングをしている人もいると思うのですが、プロを目指すならばもっと本格的にレッスンを受けたいと思う人も多いことでしょう。

ボイストレーニングは、ミュージックスクールのような専門学校のヴォーカル科に通うことでも専門的に受けることができます。歌というのは楽器を演奏することと違い、誰でもはじめからある程度は歌えることから、独学でも勉強できると思う人もいると思いますが、自分の声だけで表現をするものだからこそ奥が深く、本格的に勉強をしようと思えば独学で学ぶことは非常に難しい側面もあります。ミュージックスクールのようなところで本格的に勉強をすれば、ただボイストレーニングをするということだけではなく、音楽についての知識を深めたり、また色々な技法を学ぶことによって歌を歌うことへの理解を広げることもできます。

ミュージックスクールでは、有名なボイストレーニングの講師や歌手などがトレーナーになっていることも多く、そうした実力のある講師から技術を学ぶことができるのも大きなメリットです。習い事のような感覚ではなく、学校として通うわけですから、成長の過程をしっかりと道筋をたててトレーニングしてもらえることや、個人の個性などを把握したうえで的確なトレーニングをしてもうこともできますので、プロを目指したい、本格的なボイストレーニングを受けたいという人には、最適な環境といえるでしょう。

また、環境とうことでいうならば、ミュージックスクールの場合には、ボイストレーニング教室などとは異なり、レコーディングの設備を持っているようなスクールもあり、本格的な設備のもとでトレーニングをすることができるというメリットもあります。同じ目的のために集まった仲間とともに、時間をかけて切磋琢磨しながらトレーニングがつめる環境というのも、習い事感覚の教室では得られないものでしょう。

さらに、ミュージックスクールにはオーディションの情報なども集まりやすく、トレーニングをした成果を試すチャンスもめぐってくるかもしれません。

本格的にボイストレーニングを受けて、プロを目指したいというならば、音楽に関する全般的な知識や技術を高めながら最高の環境でボイストレーニングをすることができるミュージックスクールで腰を落ち着けてレッスンを受けるという選択肢もあります。もちろん専門学校ですから、費用などもそれなりにかかりますが、夢に挑戦する場として、検討してみてください。

ボイストレーニングで声の好感度がアップ?話し方のトレーニング

ボイストレーニングというと、歌を歌うためだけのトレーニングだと思っている人は多いと思いますが、実は話し方のトレーニングとしてもボイストレーニングは大きな意味を持っています。

例えば、アナウーサーや声優さんのような声を仕事にしている人ならば必ずボイストレーニングを受けた経験があるでしょうし、そこまで専門性の高い仕事ではなくても、電話対応の仕事や受付の仕事などでも研修の中にボイストレーニングが含まれていることもあります。

話をするということに関して、ボイストレーニングを受けるメリットというのはいくつかあります。まずは、電話対応のように声を使い続ける仕事の場合、喉を痛めてしまうという人もいます。ボイストレーニングでは喉に負担をかけずに正しい発声で声をだすことを学びますので、トレーニングをすることによって喉の故障を防ぐという効果があります。

また、正しい発声でしっかりと声を出すことによって声の印象が大きく変わります。声というのは、人の印象を決める大きなポイントの一つですので、声が小さい、声が聞き取りづらい、声が暗いというのは人の印象を悪くするポイントになってしまいます。それがボイストレーニングを受けて、発声の方法や声のコントロール方法を身に着けることで、人に好印象を与えるような話し方ができるようになるのです。

話し方教室とはまた違う、発声というところから話すことを見直すのがボイストレーニングですが、話し方を根本的に見直し、相手に伝わりやすく好感をもたれやすい話し方ができるようになります。そのため、就職活動中の学生さんや、営業マン、プレゼンテーションなどをする機会の多い職業の人など、様々な人がボイストレーニングを受けて声の好感度を上げるトレーニングをしているのです。

声や話し方にコンプレックスがあったり、伝わりやすい話し方ができずに悩んでいたり、話し方教室に通っているのになかなか成果がでない、というような人はボイストレーニングで発声法から学ぶことで、それらの話し方への悩みが解消できるかもしれません。

歌を歌うことではなく、話をするということを専門的に扱っているボイストレーニングの教室や本、トレーニングDVDなどもありますので、自分にあった方法でボイストレーニングを試してみてはいかがでしょうか。ボイストレーニングには、体験レッスンや単発や短期で完結するタイプのレッスンなどもありますので、そうしたものをまずは受けてみるということでもいいと思います。

発声が変われば話し方は変わりますので、ぜひお試しください。

ボイストレーニングとは発声方法を学ぶトレーニングです

ボイストレーニングに興味を持っていても、ボイストレーニングとは一体どんなことをするのだろうかと思っている人もいることと思います。ボイストレーニングのトレーニング方法は、通う教室や教わる先生、参考にする本などによって色々な方法があると思いますが、ボイストレーニングを行う目的についてはどんなトレーニングでも共通です。

カラオケ教室とボイストレーニングを同じものと思っている人がいますが、それは違います。カラオケ教室でも、歌の歌い方の指導の過程で声の出し方の指導をすることがあるとは思いますが、ボイストレーニングほどに発声に重点を置いて指導をするところはないでしょう。

ボイストレーニングとは、一体何のためにするのかというと、正しい発声法を学ぶために行うものなのです。ボイストレーニングといえば歌のレッスンをするところと思っている人は多いと思うのです、ボイストレーニングを行う目的は歌だけではなく正しい発声で話せるようになるためにも役立ちますので、声優やアナウーサーなど話をすることを仕事にしている人でもボイストレーニングを受けている、受けたことがあるという人は多いのです。専門的な仕事をしている人ではなくても、話を伝わりやすくするためになど正しい発声方法でしゃべれるようになるためにボイストレーニングを受ける人はいます。

声を出すことは誰でもやっていることですが、正しい発声方法となるとしっかりとトレーニングをしなくては無意識でできるものではありません。正しい発声方法とは、喉を痛めずにしっかりと声量のある声を発することができる発声方法です。トレーニングを受けたことがない人ならば、歌を歌ったり、しゃべったりという時に、声量を出そうとすると喉を使って声を張ってしまう人がほとんどです。しかし、それでは喉を痛める原因になりますし、何より長く続けることができません。そうではなく、正しく発声をする方法をトレーニングすれば、声量を出して長時間歌を歌ったり、話をしていても喉を痛めることはありません。

歌の指導をするボイストレーニングであれば、その正しい発声にプラスして歌唱指導が加わりますし、話方のボイストレーニングであれば話し方の指導が加わることになりますが、ボイストレーニングの一番の基礎になる部分はどんなボイストレーニングでも共通して、正しい発声方法を学ぶことということになるのです。

正しい発声ができていなければ、歌を歌うことにしても、話をすることにしても、いくら小手先の技術を高めても本当の意味で上達することはありません。その基礎の基礎となる発声方法をしっかりと固めていくトレーニングというのがボイストレーニングの持っている意味なのです。

よく見るサイト

今の時代はボイストレーニングの授業料でさえもクレジットカードで支払いができてしまうって知っていましたか?もうそんな時代なんです。
いらなくなったりほとんど着なくなった洋服はどんどん売ってしまおう!洋服買取をしてもらうとお金もGETできてムダなものも減って一石二鳥!

このページの先頭へ